風俗嬢 プチ整形

メリットとデメリット

生まれつき二重まぶたの人なら、最近流行のメイクも簡単に楽しめてうらやましいな〜、と思っている一重まぶたの女の子たちって意外に多いのだそうです。

 

風俗やキャバクラで働いている女の子たちの間でも、簡単に一重まぶたから一重まぶたに出来る、「プチ整形」が流行っていることをご存知でしたか?

 

忙しくてなかなか美容整形を受ける時間のないという人でも、このプチ整形なら手軽に二重まぶたを手に入れることができると評判です。

 

新宿 風俗の各店にきいたところ、風俗で働く女の子のあいだでもホントに手軽なものになっているそうです。

 

 

でもそんなに簡単に二重まぶたを作ることなんて出来るのでしょうか。

 

今回はプチ整形で二重まぶたを作るときのメリットとデメリットについてご紹介してみたいと思います。

 

美容整形なんて何だか怖そう、というイメージを持っている人も、プチ整形に付いてちゃんと知っておけば、いざと言うときに役に立つかもしれませんよ。

 

 

 

最近では静岡 風俗求人のような女の子向けのサイトでは美容整形の記事も多く掲載されているのでご存知の方も多いと思いますが、簡単にご紹介してみようと思います。

 

一重まぶたの人がプチ整形で二重まぶたを作るには、最初に美容整形の病院で診察を受けることが必要です。

 

この時に自分の一重まぶたの皮下脂肪の状態などや、どんな二重まぶたにしたいのかによって、手術の方法を決めて行くことになります。

 

 

皆さんがプチ整形を希望して美容整形に出かけた場合、「埋没法(まいぼつほう)」か「脂肪吸引法」のどちらかの方法で、二重まぶたを作ることになることが多いと思います。

 

この二つの方法は、以前のようにまぶたの皮膚を切開して縫い合わせる方法と違って、「皮膚を切らないので傷跡が残らない」、「すぐにプチ整形の結果が分かる」というメリットがあります。

 

 

いくらプチ整形で手術をすれば二重になることが出来ると言っても、やっぱり自分の顔にメスを入れるのは抵抗があるものですが、埋没法や脂肪吸引法で二重を作る方法なら、傷跡が残ってしまうことがありません。

 

 

それに埋没法でまぶたを縫い合わせるやり方は、まぶたの内側に皮膚を縫い合わせる方法ですから、まわりの人が見てもすぐには気づかれることもありません。

 

それに、プチ整形で二重になる手術を受けると、その日のうちから、普段どおりの生活をすることが出来るのが良いところです。

 

 

ただし、この手軽で簡単に、一重まぶたを二重にすることが出来てしまうプチ整形には、メリットだけではなくデメリットもあることを知っておいてください。

 

プチ整形で作った二重まぶたは、時間が経過すると自然に元の一重まぶたに戻ってしまうことがまれにあります。

 

これは人間の体の元の状態に戻ろうとする力が働くためで、皮膚を切除することのないプチ整形では仕方のないことです。

 

 

とくに脂肪吸引法で二重まぶたを作った場合、そのままの状態では脂肪細胞が増えてしまうって、一重まぶたに戻ってしまうことがありますから、定期的に通院して脂肪の吸引を続ける必要があります。

プチ整形って安心?

最近ではキャバクラや風俗店で働いている女の子たちのメイクも、ファッション雑誌に登場するモデルのような、目元に重点をおいたアイメイクが普通になっているみたいです。

 

でもそんな時、生まれつきクッキリした二重まぶたの女の子なら、カリスマモデルのようなアイメイクも簡単に出来てしまうでしょうが、元々厚ぼったい一重まぶたの女の子では、アイプチでまぶたにクセをつけたり、つけ睫毛を付けるだけでも一苦労してしまいます。

 

 

そこでおすすめなのが美容整形の病院で手軽に受けることが出来る「プチ整形」です。

 

このプチ整形というのは、本格的な美容整形の場合と違って、簡単な手術で憧れの二重まぶたを手に入れることが出来て、しかも仕上がりの面でも本格的な美容整形に負けない二重まぶたになることが可能なのです。

 

 

でも本当にプチ整形で作る二重まぶたは、傷をつけずに自然に仕上がるのでしょうか?

 

いくらオシャレのためでも自分の顔に傷跡を残すのは抵抗があります。

 

それに手術の時に痛みがあるのではないか、と言うのもプチ整形に慎重になってしまう理由の一つです。

 

 

そこでプチ整形と言うのはものなのか調べてみましたので、プチ整形に興味のある人のためにご紹介してみたいと思います。

 

実際に美容整形の病院に出かける時の参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに私は、高田馬場 風俗求人に応募する前に整形をしたんですよ。

 

 

最初にプチ整形と、本格的な美容整形の場合の違いについて知っておきましょう。

 

プチ整形で二重まぶたを作るためには、ほとんどメスを使わずまぶたの皮膚を縫い合わせて作る「埋没法(まいぼつほう)」と言う方法で行われることが多いみたいです。

 

 

また、同じ一重まぶたでも、まぶたの皮下脂肪の厚ぼったいタイプの人は、特殊な注射器でまぶたの皮下脂肪を吸い取る、「脂肪吸引法(しぼうきゅういんほう)」と言う方法で行われる場合もあります。

 

 

このように、プチ整形ではどちらの方法でもまぶたの皮膚に直接メスを入れることはありません。

 

このおかげで、プチ整形の手術が終わったあとは、まぶたのハレが引いてくれればすぐにいつも通りの生活を送ることが出来ます。

 

とくに「埋没法」で二重まぶたを作った場合には、美容整形専用の極細の糸で丁寧に縫い合わせてくれるので、ほとんどの人が当日からシャワーや洗顔をすることが出来るのだそうです。

 

 

これはお仕事の都合で一日に何度もシャワーを使わなくてはいけない、風俗店で働く女の子には嬉しいことです。

 

プチ整形で作った二重まぶたはピンポイントで縫い合わせているだけなので、あまり強くこすってしまうと戻ってしまう心配がありますが、普通に洗顔する程度なら全然心配することはありません。

 

 

今まで傷が残るのではないかと心配したり、お仕事をお休みしなければならないのでは、と思ってプチ整形を我慢していた人も、専門の美容整形で診察を受ければ、事前のカウンセリングできちんと説明してもらうことが出来るので安心です。

 

最後になりますが、わたしの顔の写真が秋葉原 風俗情報のグラビアにのっているので、どんな感じなのかご覧になってみてください。